人気の高い引き出物

引き出物の赤いリボン

引き出物は、結婚や出産、新築などのお祝いをいただいたあとに、お礼として贈る品物のことです。
それぞれにふさわしい贈り物がありますので、相手の好みを考慮しながら選ぶことが大切です。
また、法事で用いられる香典返しも同様で、最適の品物を選択する必要があります。
けれど、引き出物や香典返しとして、どのような品物にするべきか迷うことも見受けられます。
そのような時は、カタログギフトをおすすめします。

品物を選ぶ手間や時間を節約することができますから、カタログギフトの人気はとても高く、需要が増えています。
また、引き出物や香典返しとして、よく選ばれているのが、石鹸などの日用品やお菓子などの食料品です。
けれど、使用する雑貨が決まっていたり、体調不良などの理由から食事を制限している場合もありますので、相手の事情を配慮しなければいけません。
そのために、場合によっては、一人一人の事情を考えながら選択することもあります。
けれど、カタログギフトならば、相手にとって都合のよい品物を自由に選んでもらえますから、とても便利です。

引き出物や香典返しのカタログギフトについて詳細を知りたい場合には、インターネットで検索して、各メーカーのホームページをチェックしてみてください。
さまざまな製品が用意してあり、価格が明示されていますので安心して利用できます。
また、メールフォームが記載されていますので、質問などがあれば気軽に問い合わせてみましょう。

「引き出物」の変遷

引き出物の細い包み

「引き出物」とは平安時代に馬を庭に引き出して贈り物とし、後に馬の代わりに金品に贈るようになったことが由来とされています。
元来、「引き出物」は結婚式等で出された料理を折詰にしてお土産として持ち帰ってもらうものでしたが、今日では慶弔事を問わず、結婚式の祝い返し、葬式における香典返しも「引き出物」という言い方がされます。
また、かつては大きなもの、特別なものが好まれましたが、遠方からの出席者にとっては持ち帰りが困難なこと、「ごちそう」が一般化して結婚式の料理であっても特別ではなくなったこと、などで大きなもの、特別なものは衰退しました。
それに代わって出てきたのが「カタログギフト」です。

「カタログギフト」とは贈られた側がカタログの中から物品を選んで申し込む形式のものです。
この利点はコンパクトな箱に収められていて持ち運びも容易であること、さらに重宝されるのは贈る側の都合ではなく、贈られた側の都合や好みで自由に選べるという点です。
特に香典返しの場合には用意する数が要求され、贈られた側もポケットやバッグにさっとしまい込むことができるのでとても便利です。

祝い返しや香典返しはあっという間に「カタログギフト」に変化しました。
もちろん、祝い返しや香典返しには本来の意味や地方独特の習慣があり、楽をするために「カタログギフト」の小さな箱一つになってしまうのには抵抗がある人もいます。
しかし、この流れを止めることはできません。
今後は、単純に楽をするためではなく、いかに心を伝えるかという観点がより重要になってきます。
その視点に立って研究や工夫を加えることで「引き出物」は今後もまだ進化していくでしょう。

カタログギフトの概要

引き出物の花束を上面から

結婚式の引き出物や、葬儀の香典返しの品を選ぶときには、それぞれの人の好みや必要性が異なるので、決めるのが難しいです。
しかし、カタログギフトならそのような心配はいりません。
カタログギフトとは、カタログに載っているたくさんの品物の中から、希望のものをひとつ選んで注文してもらうギフトです。
カタログギフトにある品物は、カバンや時計、ジュエリーなどの身につけるものや、子どものおもちゃ、洗濯用洗剤などの日用品と幅広く取りそろえられています。
さらに、お肉やお魚、ゼリーやレトルトのカレーやスープなど、食品も多数掲載されています。
特選の素材など魅力的な商品もあります。
また、旅行やエステなどを扱っているカタログギフトもあります。
引き出物や香典返しで渡す場合は、幅広い年齢層の人に贈ることになるので、このように自分で選べるカタログギフトは、どの人にも喜ばれます。

引き出物や香典返しの場合、人によって贈る金額が異なります。
しかし、カタログギフトは幅広い値段設定がされており、予算に応じてカタログを選ぶことができます。
カタログの中身も、カタログギフトの値段に応じて異なってきます。

購入方法は、店頭で購入することもできますが、オンラインでの注文も可能です。
オンラインで注文すると、注文する個数に応じて割引が受けられることがあります。
引き出物や香典返しでは、たくさんの数を注文しますので、このようなサービスの有無を調べておくと良いです。